上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深夜のコンビニが始まりでした

僕は煙草を購入し、バイクに跨った。
慣れた手つきでエンジンを掛け
さあ帰るか、そう思いながら顔を上げると

目の前にパトカー。

唖然とする僕を余所に
お巡りさん二人が颯爽と車内から登場し
僕に免許の提示を求めてきた。

当然持っていない。
免許を取得していない訳ではなく、携帯していないのだ

ワザワザ煙草を買うためだけに免許を持ち歩くなんて
適等に生きてきた僕には理解出来難い行為だ。

家にあるんです!!と、必死に抗議する僕に呆れたのか
「とりあえず持ち物の確認だけさせてね^^」
渋々ながらも、了承せざるを得なかった。

ポケットにしまい込んだ煙草がバレようとも
僕は拒否する理由を持ち合わせては居なかったのだから。

まぁ、そこから簡潔に話すと

煙草見つかる
ポケットチェックと称して、お尻触られる
住所等全てを吐かされる
店員のおっちゃんがお巡りさんに怒られる
自宅までお巡りさん着いて来る
免許提示してお帰り頂く

煙草は没収されませんでした
ただ、証拠物品だから1日は手を付けるなと言われましたが。

記憶力の悪い僕なので、5分後には火着けてました

店員のおっちゃんが一番可哀想やで。
僕はもう、あのコンビニには行かないわけですけどね

どうでもいいんですが、タイトルには意味ありません。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。